2009年06月30日

【ボルタ編:第二話】味楽る!流れ始めた電流の謎!! (携)

■味楽る(ミラクル)な味!?

え?
ちょっと!

何味?
何味なんだよ???(゚Д゚≡゚Д゚)???





足くすたさんの解説足


今回は、アニメに出てきた舌の実験について目


舌を二種類の金属ではさむ実験は、

ボルタの時代より40年ほど前(1750年)に

ドイツのズルツァーさんという人がやったものデス(・ω・)




ボルタは、この実験とガルバーニのカエル実験を

ヒントにして、「電気雷」というものについての

考えを進めていきました本




アニメの最後に、

この実験は1円玉と10円玉でできると紹介していますが、

実際にやるときには、ちょっとだけコツが必要ですわーい(嬉しい顔)




それは、1円玉と10円玉をしっかりくっつけること。

2枚のコインが離れないように気をつけながら、

その間に舌を入れるのです´-ω-)b

shita.JPG


はなれてしまうと、何も感じられないので気をつけてください〜






ちなみに…

ブログスタッフも実際に1円と10円でやってみました。




アニメの「ビリッとした」…というのは

ちょっと大げさですがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)




確かに変な味がします。

「〜〜に似ている」という例えは難しいのですが、

すっぱいのに近い味だと思います。



この味は、

とある工夫をすると、どんどんキツくなってくるのですが…。

調子に乗ってどんどん強くしていった結果、、




スタッフくすたの舌だけ

思い切り荒れました。もうやだ〜(悲しい顔)




舌が凹んだ上に、血が出てきてしばらく治りませんでした。。。


みなさん、

実際にやるときには充分気をつけてくださいねexclamationもうやだ〜(悲しい顔)
posted by しらないひとびと at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルタ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。