2009年11月04日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】03

【質問03】日本のレールのルーツは?

アメリカから来たなら…

【答え】日本のレールは、アメリカのペンシルバニアから来ました。

ペンシルバニアから来たレールは、
ペンシルバニアサイズ P.S.レールといわれています。

日本で生まれたレールは4種類あり、
1メートルあたりの重さが名前についています。
たとえば、1メートル40キログラムのレールは

「40N」

と呼ばれています。
(Nの文字は、NIHONのNですが、
 NewのNだという人もいます。)




アメリカから来たのも知らなかったけど、
メートルあたりの重さが名前についてるというのも初めて知りました!
ほほ〜ぅpen.JPG




鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。