2010年03月02日

3月2日 いい人のラクガキ

長い英語の回文


みなさんは「回文」というものを知っていますか?

「竹やぶ焼けた (たけやぶやけた)」 とか
「夜ニンジン煮るよ (よるにんじんにるよ)」 とか
「私負けましたわ (わたしまけましたわ)」 のように、

はじめから読んでもおわりから読んでも
同じになる文章のことです。

画像の文章は、
いい人が聞いたことある中で一番長い英語の「回文」です。

考えた人すごいよね。

…でも、
こんな言葉をいう状況なんて
普通ありませんよね、
どんだけ目が悪いんだっていう。
posted by しらないひとびと at 22:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | お楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
共感したのでこそっとコメント。
英語の回文とは知りませんでしたね…。
個人的に度肝を抜かれたというか、笑えた回文は
小力の添い寝、磯野貴理子(こりきのそいねいそのきりこ)ですかね〜w
なるほどと思うと同時にこの状況は
かなりシュールとか思ったのはいい思い出です。
Posted by すーふぁみ at 2010年03月03日 02:46
コメント&おもしろいネタを
ありがとうございます!

これは確かに吹き出しますね(´∀`)。
誰が何のために磯野貴理子をさかさまに読んでみたんだっていう。


芸能人モノだと
「お菓子が好き好きスガシカオ(おかしがすきすきすがしかお)」
というやつが好きでした。
Posted by いい人 at 2010年03月03日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142600189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。