2010年03月04日

3月4日 いい人のラクガキ

ヒナマ釣り

ひな祭りをする3月3日のことを、
正式には「上巳(じょうし)の節句」といいます。

5月5日の「端午(たんご)の節句」や
7月7日の「七夕(たなばた)の節句」と同じ、

季節の節目の日とされている「五節句(五節句)」の1つですが、

よく「桃の節句」という別名で呼ばれるため、
端午や七夕とくらべてマイナーな言葉になっていますね。


おひなさまを飾るから、
今では女の子のお祭りのようになっていますが、
元々はこどもたちみんなでする行事だったので
男の子も恥ずかしがらずに
おひなさまでデュエルしてね☆


posted by しらないひとびと at 04:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お楽しみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またもやこっそり。自分は豆知識の話が好きみたいです。
3月3日の正式名称は知りませんでした、勉強になりますw

1月7日の人日はともかく、
9月9日の重陽(自分が教えて貰った日本史・現社教師曰く、
数字は陰陽に分けることができ、陽数の最大である9が
重なる日だから「重陽」の節句だとか。)は
相当マイナーだと思います、知ってる人いるんでしょうか?w
Posted by すーふぁみ at 2010年03月05日 19:19
おおー、よくご存知ですね!

五節句はもともと古文で教わる分野なんですが、
最近は教師側にも馴染みがないせいか、
あんまり扱われないみたいですねえ…。


すーふぁみさんはご存知かもしれませんが、
せっかくなのでみなさんにも
これにちなんだことわざをひとつ。

「6日の菖蒲、10日の菊」

5月5日の節句に飾るはずの菖蒲や
9月9日の節句に飾るはずの菊を
次の日用意してももう遅いよ、

ということから、

タイミングをはずしていて役に立たない様子

をあらわすことわざです。



テストに出ませんよ☆



Posted by いい人 at 2010年03月08日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142684019
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。