2009年10月15日

鉄道保安装置製造業についての一問一答!


shigotoqa00.jpg


ここでは、
知らなかったシゴト 事件No.01

「鉄道保安装置製造業」

の人によせられた質問について、
この職業のヒトがくれた答えをのせていきますexclamation×2

(協力してくれたのはこの会社⇒林総事株式会社ぴかぴか(新しい)

鉄道保安装置製造業についてのマンガはコチラ!

ちょっとずつ更新していくので、

時々チェックしてみてねわーい(嬉しい顔)


今でも追加質問受け付けています(^^)
ここの記事の、コメント部分に書き込んでね!!

posted by しらないひとびと at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】01

【質問01】よくある鉄道の事故って?

shigotoqa1-1.jpg


【答え】最近おきやすい事故は、ホームから人が転落する事故です。

年間およそ3万人もの人が事故にあっています。

悲しいことですね。





ホームのはじっこを走ったり、しないようにシマショウ!!pen.JPGあせあせ(飛び散る汗)

posted by しらないひとびと at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】02

【質問02】いちばん大変な作業は?

大変なコト

【答え】始発を無事に発車させるための作業です

実は、全国で3万人以上の作業者が、
毎晩終列車の後に修繕(しゅうぜん)や保守(ほしゅ)作業をしています。

このとき、現地まで行くときの作業者がとちゅうで
動けなくなったり、事故を起こしてしまったら
もう大変です。

なんとしても、翌日の始発列車を
無事に発車させなければなりませんから、
このための作業が一番大変です。






そんなにも沢山のヒトが、作業をしてるなんてシリマセンでしたがく〜(落胆した顔)
終電と始発の間に、そんなコトがあるんデスねexclamation
byコタツ




ひらめき鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】03

【質問03】日本のレールのルーツは?

アメリカから来たなら…

【答え】日本のレールは、アメリカのペンシルバニアから来ました。

ペンシルバニアから来たレールは、
ペンシルバニアサイズ P.S.レールといわれています。

日本で生まれたレールは4種類あり、
1メートルあたりの重さが名前についています。
たとえば、1メートル40キログラムのレールは

「40N」

と呼ばれています。
(Nの文字は、NIHONのNですが、
 NewのNだという人もいます。)




アメリカから来たのも知らなかったけど、
メートルあたりの重さが名前についてるというのも初めて知りました!
ほほ〜ぅpen.JPG




鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】04

【質問04】線路の下に、必ず石がおいてあるけど、
あれも電車の安全に関係あるモノなの??(・△・)


石をしくと安全度アップ★


【答え】あの石のおかげで、より安全になっています。

電車が線路を走るとき、
電車の重さや振動などが線路に伝わります。

あの石は、その力をうまく受け止める役目をしています。


もし、下に石をしきつめずに
かわりにコンクリートで固めてしまったら
力をうまく受け止められず、
線路が壊れてしまったりして
事故の増加につながってしまうでしょう。

また、騒音もひどくなるかもしれません。


さらに、あの石は
水はけをよくするのにも役立っています。
水が線路にたまってしまうと、
電車は簡単にスリップして、脱線につながってしまいます。

だから、あるていどの大きさの石をしくことで、
水がたまらないようにしているんですね。



鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】05

【質問05】もし事故があったら、鉄道会社じゃないのに、
保安装置製造の人たちも手伝いに行くんですか?


102.jpg


【答え】行く時もありますよ。

事故によって違いますね。

JRや地下鉄会社には、
もちろん自分の会社用の事故対応部署があります。


でも、もし事故が原因で、
私たちが生産した設備や装置などがこわれてしまったら、

わたしたちも大急ぎで装置の提供・設置に行かなければなりません。



ちなみに…

金曜の夜とか、祝日の前の日の夜とかには、
事故発生率が結構高いです。

やっぱり休みの前日は、
みんな油断しやすいのではないかなと思います。




鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 10:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】06

【質問06】事故のとき、たくさんの電車が止まったり、
     遅れたりしますね。

     事故はどれくらいの影響があるんですか?
     どう対応していますか?




いそげ!


【答え】指令所を通じて連携プレーで頑張ってます。

    時間は、とにかく急いでなるべくはやく復旧させます。


事故が発生すると、全列車を統括している指令所から、
全列車・全関係部所・全駅にその情報が通報されます。

また、指令所からは、
その事故にどのように対応するかということも
伝えられるしくみになっています。



まず、復旧の方法や、かかる時間、
何か復旧のために材料がいるかどうか…などなど、
こまかい部分について緊急に対応します。

そして、その結果をすぐ駅に連絡し、
お客様に伝えてもらいます。


復旧作業の進み具合も、細かく指令所に報告され、
お客様にも伝わるようになっています。


小さい事故ならば数分で、
もっと大きな事故でも30分以内に…というのが
復旧の原則になっています。


たまに原因が見つからず、1日復旧しない時もありますが
色んな事例を見てきた電車の達人や、
知識の多い専門家の人などの協力をもらって
とにかく急いで対応して、復旧に努めます。



鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)

posted by しらないひとびと at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】07

【質問07】1年の中で、一番忙しい時期はいつですか。

いそがしいね


【答え】年末ですかね。

もう少しくわしく言うと、年末前の12月10〜20日です。

年末年始初詣や、帰省などで沢山お客さんがきます。
なので、それにむけての整備作業がとてもいそがしくなります。


年末がいそがしいかわりに、
次の年1月中は作業がおやすみになります(緊急作業はのぞきます)。


鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】08

【質問08】地下鉄のレールはJRのレールと一緒ですか。

列車のレールサイズは決まってますが…


【答え】JRも地下鉄も同じです。

ただ、都電などの路面電車のレールは、
JRや地下鉄とはちがうサイズです。


鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】09

【質問09】外国の鉄道会社からの注文はありますか?

まいどあり!


【答え】たくさんあります。

日本のレールは、いろんな国に輸出されています。

中国、韓国、ブラジル、オーストラリア、
インドネシア、ベトナム等です。

日本のレールは
折れにくく、耐久性(たいきゅうせい)が高いので
海外からもとても人気があります。



鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】10

【質問10】この仕事をやっててよかったと思うことはなんですか?

リポビタンD

【答え】お客さんが、
    予定通り目的地まで順調に移動できたときです。


安全に、時間通りに電車が運行できているときは
とても嬉しいです。

やっていてよかったな…と思います。



鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 09:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】11

【質問11】この職業にはどのような技術がいるの?

0214lj.jpg



【答え】おもに電気や機械系の技術がいります。

機械設計、電気設計、機械加工技術、
電気技師技術、電気配線技術、軌道施行技術…などなど、
各専門の技術が必要になります。


でも、会社に入る前からカンペキである必要はなくて、
だいたいは入社してから身につけられますよ。



鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】12

【質問12】年収はいくらですか?


やりがいってステキ

【答え】3年目で300万くらいです。

3年目で300万、7年目で400万、
10年目で500万位です。

特に優秀な人や、やる気のある人はその上を越えるでしょう。


鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】13

【質問13】鉄道の安全を守る装置の種類はどのぐらいあるの?

めちゃくちゃいっぱいあるぜぇ〜


【答え】数量的には、数千種類になると思います。

鉄道は大きく分けて、

◆電力(変電所からパンタグラフを通してモータまで)

◆保線(線路の基礎部、線路、ポイント部分)

◆信号(安全な状態で走行できるかどうかを
    列車に知らせる信号を管理)

◆通信(常に安全かどうか、列車の運転手に知らせたり、
    駅員がそれを連絡する装置の管理をする)

◆駅務室(乗客を安全かつ迅速(じんそく)に
     列車に乗り降りさせる役目)

◆指令所(列車の運行全般を統括している部署)

のような部署で成り立っています。



それぞれの部所で、日々安全装置の開発・採用が進んでいます。

正確な数字を言うのはむずかしいですが、
数量的には数千種類になると思います。


鉄道保安装置のお話はコチラ★



ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

【鉄道保安装置製造業のヒトへの質問&答え】14

【質問14】どんなときに活動するんですか?


111.png


【答え】終電の後や、事故のときなどです。

保守・点検は毎晩数万人(全国で)の人が、終電を見送った後に、
次の日も安全に乗り心地良く列車が走行できるよう作業しています。


また、部品に不具合が見つかればその日に交換します。


特に事故の時は、短時間で復旧できるように総動員で努力します。


鉄道保安装置のお話はコチラ★




ぴかぴか(新しい)協力会社 林総事株式会社ぴかぴか(新しい)
posted by しらないひとびと at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | おシゴト一問一答No.01鉄道保安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。